Kinoshita Keiko

brak danych
Wszystkie Poza moją biblioteczką W mojej biblioteczce Pokaż książki znajdujące się:
17 Seito
17 Seito
Kinoshita Keiko

6 (2 ocen i 0 opinii)
17 Seito
有岡敬広。17歳。高校三年生。 要領がよくて、見た目がよくて、 だからいいかげんにやってもうまくやれてきた、これまでは。 三島 真。26歳。高校教師。 真面目に、誠実に、言えない想いを抱えて、暮らしてきた。 ただの生徒と教師だったはずなのに、気がついたときには、好きになっていた…… 生徒×教師のイノセント・ラブ!
czytelników: 2 | opinie: 0 | ocena: 6 (2 głosy)
Ai Koso Subete
Ai Koso Subete
Kinoshita Keiko

7,5 (2 ocen i 0 opinii)
Ai Koso Subete
これが恋か分からないけど、あなたの恋する目は素敵だと思った。 ある夜、花屋に勤める律は失恋して酔いつぶれている冴えない四十路前男・片桐を介抱する。それ以来、片桐からの情熱的なアプローチを受けてしまい…? もどかしくも幸せな大人のラブ・ライフ!
czytelników: 2 | opinie: 0 | ocena: 7,5 (2 głosy)
Gekkouzaka no Hanayashiki #1 Haru
Gekkouzaka no Hanayashiki #1 Haru
Kinoshita Keiko

7,5 (2 ocen i 0 opinii)
Gekkouzaka no Hanayashiki #1 Haru Cykl: Gekkouzaka no Hanayashiki (tom 1)
東京のとあるお屋  敷町に二本の坂がある。 ゆるやかに左にあがるのが日光坂。 右にあがるのが月光坂といい、 その月光坂の一角に見事な庭木の屋敷があり、 ひとはその家を月光坂の花屋敷と呼ぶ。 花に囲まれた屋敷で、 時が動きだす──!
czytelników: 2 | opinie: 0 | ocena: 7,5 (2 głosy)
Gekkouzaka no Hanayashiki #2 Aki
Gekkouzaka no Hanayashiki #2 Aki
Kinoshita Keiko

7,5 (2 ocen i 0 opinii)
Gekkouzaka no Hanayashiki #2 Aki Cykl: Gekkouzaka no Hanayashiki (tom 2)
月光坂の花屋敷に暮らすのは、 子どもがいながら男に抱かれるのを好む大人の男と、 その男に片想いする男。 そして、そんな男に恋している少年。 三人の想いが複雑に絡み合いながら、 求めるものは──… 花に囲まれた屋敷で、新しい時間が流れだす。
czytelników: 2 | opinie: 0 | ocena: 7,5 (2 głosy)
Ikusen no Yoru #1
Ikusen no Yoru #1
Kinoshita Keiko

7,6 (5 ocen i 0 opinii)
Ikusen no Yoru #1 Cykl: Ikusen no Yoru (tom 1)
厳しい父親のもとで育った宙には、とても大切な人がいた。 隣の家に住む年上の幼なじみ、哲弥だ。 どんなときもそばにいてくれた。 でも、宙が成長するにつれ、ふたりの時間は変り始める。 宙が哲弥を意識し始めたとき、哲弥もまた宙に抱いている欲望に気づいてしまう・・・ 宙は俺が守る、そう誓ったはずなのに 甘くせつない恋の物語!
czytelników: 6 | opinie: 0 | ocena: 7,6 (5 głosów)
Ikusen no Yoru #2
Ikusen no Yoru #2
Kinoshita Keiko

7,75 (4 ocen i 0 opinii)
Ikusen no Yoru #2 Cykl: Ikusen no Yoru (tom 2)
「俺 ずっとてっちゃんと一緒にいたい」 家を飛び出して、幼馴染みの哲弥と暮らし始めた宙。 大好きだった哲弥と想いがつうじ、自然と抱き合うようになる。 大好きなのに、一緒にいたいのに、でも・・・ まだ大人になりきれないふたりは、強すぎる想いにふりまわされて・・・
czytelników: 5 | opinie: 0 | ocena: 7,75 (4 głosy)
Ikusen no Yoru #3
Ikusen no Yoru #3
Kinoshita Keiko

8 (4 ocen i 0 opinii)
Ikusen no Yoru #3 Cykl: Ikusen no Yoru (tom 3)
数年前、宙はこの世で一番大事な存在だった哲弥と別れることを選んだ。 守られるだけの自分から変わるために、 哲弥に哲弥自身を大事にしてもらうために。 未熟な子供から大人になり、 街で歩いても哲弥に似た人をつい探してしまう。 もし、もう一度てっちゃんと逢えたら・・・ そんなとき、偶然ふたりは擦れ違い!? 幾つもの夜を越えたふたりの想いは・・・ 幾千の夜 完結
czytelników: 5 | opinie: 0 | ocena: 8 (4 głosy)
Kimi ni Yori Nishi
Kimi ni Yori Nishi
Kinoshita Keiko

6,5 (2 ocen i 0 opinii)
Kimi ni Yori Nishi
最初から、俺は身代わりだったのか? 俺は── 父の葬儀の夜、大学生の大和は印象的な男と出逢う。彼は名乗ることなく、気になる言葉を残していった。「息子さんですか、よく似てらっしゃいますね」と。月明かりの下、ひそやかに恋が始まる……
czytelników: 3 | opinie: 0 | ocena: 6,5 (2 głosy)
Kiss mo Shiranai Kuse ni
Kiss mo Shiranai Kuse ni
Kinoshita Keiko

8 (2 ocen i 0 opinii)
Kiss mo Shiranai Kuse ni
高校一年生の藤沢蒼太は、ある朝、登校中の電車で痴漢に遭った。 というのは蒼太の勘違いで、ラケットがあたっているのを痴漢だと思い込んでいたのだ。 それを教えてくれたのは、一ケ月遅れで転入してきたひとつ年上のクラスメイト、綾瀬千洋だ。 最初はぎこちなかったふたりだけれど、少しずつ距離が縮まっていき!? どきどき、不安、やきもち、誰かを好きになる「恋」がつまった物語、誕生!
czytelników: 2 | opinie: 0 | ocena: 8 (2 głosy)
Koyoi Omae to #1
Koyoi Omae to #1
Kinoshita Keiko

7,5 (2 ocen i 0 opinii)
Koyoi Omae to #1 Cykl: Koyoi Omae to (tom 1)
西島陸郎にはずっと好きな相手がいた。十年来のつきあいになる、親友の和久井保孝だ。男同士だから、親友だから、いつかそのうち可愛いお嫁さんをもらって幸せな家庭を築くはずだから――― そう思って、自分の気持ちは押し殺してきた。それなのに、後輩の泣き落としに流され、男と寝たと飲みの席で保孝本人から聞かされる。それなら相手は自分でもいいはずだ、陸郎は保考を自分のものにする決意をするのだが!?
czytelników: 2 | opinie: 0 | ocena: 7,5 (2 głosy)

Wywiad z autorem

Chciałbyś zadać pytanie swojemu ulubionemu autorowi?
Dołącz do grupy „Rozmowy z autorami” i zaproponuj pytania, my zorganizujemy wywiad.

Dyskusje o autorze

Przeczytaj także

16
13
1
Tylu naszych czytelników chce przeczytać książki tego autora.
Tyle osób przeczytało książkę tego autora.
Tyle książek tego autora znajduje się w naszej bazie.

Fani autora (0)

Lista jest pusta

Czytelnicy (13)

zgłoś błąd zgłoś błąd